ICOPR AGENCY社仮想通貨情報 | ブロックチェーン開発は日本仮想通貨総合研究所へ

menu
一般社団法人 日本仮想通貨総合研究所
Japan Virtual Currency Research Institute
ページのトップへ戻る
ICOPR AGENCY社 最新仮想通貨情報
VIRTUAL CURRECNY INFORMATION BY ICOPR AGENCY
AltairVRがVRコンテンツ製作者をどこから招き、ICOの後でどうやって自分を宣伝するのか
2018年02月21日掲載
AltairVRは、追加教育の分野で活動する企業です。 当初、モバイルプラネタリウムの販売に従事していて、7年間で50万人以上の子供に天文学を紹介してきました。 それは、地球のどこからでも周りの世界を知ることを可能にするグローバルな仮想百科事典(いわばVR-Wikipedia)を作成するという発想の始まりでした。百科事典のコンテンツはユーザー自身によって作成されるということが、このプロジェクトのユニークなところです。

仮想百科事典は、ゲームと教育の両面で世界のことが学べる分散型プラットフォームであり、百科事典のコンテンツは実際の学校のプログラムに統合することができます。 プロジェクトの主な焦点は、娯楽と教育を合わせて、時間を有効に使うことです(いわゆるエデュテインメント)。

仮想シミュレーションを成功させるには、膨大な量のコンテンツが必要です。 そこで、新しいビジュアル教育の形式の創造に参加したいという、同じ思考を抱いた人々のコミュニティが出てきます。

管理センターを持たないプラットフォームを作成することで、会社はシステムのコーディネーターの役割を担うのです。 コンテンツの選択と作成は、ユーザー自身が行います。

ユーザーは既存のVRコンテンツをアップロードして収益化することができるし、新しいコンテンツの製作に参加することもできます。コンテンツのアイデアを自分で作成し、一般投票にかけることが可能です。コミュニティは、クラウドファンディングを通じてアイデアをサポートし、資金を提供することができます。最も良いアイデアは、VRコンテンツ開発のスペシャリストに渡され、その開発費はプラットフォームファンドの資金で支払われます。ファンドはユーザーのプロジェクトに資金援助を行うために作られ、スマート契約によって管理されます。ファンドの資金はプラットフォームの収益から補充されます。

AltairVRは、プロフェッショナルなだけでなく、参加を望むすべての人に提供する予定です。そうすることで、プラットフォームは、様々なレベルのコンテンツを膨大な量で集めることができるからです。

AltairVR社によると、現在、プラネタリウムの分野で働いているいくつかのパートナースタジオがあります。 プラットフォームの開始コンテンツをパートナースタジオが作り、後で世界中からフリーランサーを募集する予定です。 予備的な市場分析を実施した結果、多くの3Dコンテンツの製作者は、あまり仕事が無く、時間をもてあましているという結論に達しました。 仮想百科事典のコンテンツの必要性が非常に高いため、プロジェクトに参加すれば、常に作業することができます。

ユーザーを直接的に招く以外にも、多くのユーザーのグループを引き付けるための戦略的なパートナーシップと、世界中のテーマ会議でのプレゼンテーションが予定されています。

さらに、活発なプラットフォーム参加者のクラブを作る計画があります。このクラブのメンバーは、プラットフォームに関する記事を書いたり、ソーシャルネットワーク上で話したり、他の方法で広告を出したりすることで、ユーザーを誘致し、ALTトークンで報酬を受け取ることができます。 それにより、コミュニティ自身によるプラットフォーム推進が可能になります。

AltairVRは、「ビジュアル教育は世界の新しいトレンドになれる」と考え、VRは未来につながる技術だと確信しています。自社の製品にどれくらい自信を持っているかをコミュニティに示すために、ITOが終わったら、AltairVRのチームのトークンを1年間ほど凍結する、とまで発表しました。 そして、どうやら、その自信は、何の裏付けもなく生じているわけではないようです。

このプロジェクトはすでに大きな支持を得ています。広告抜きで、プレセールで資金を集め、色々なSNSで8000人以上の加入者と3000人以上のバウンティプログラムのメンバーを有しています。その人々は、プロジェクトの開発に積極的に興味を抱き、それを友人に伝えています。プラットフォームでのコンテンツが増えれば増えるほど、既存のユーザーの関与が深まり、新しいユーザーの流入が増加します。

プロジェクトについて

AltairVR社は、あらゆる面と形態から世界を理解することを目的とした、グローバルVRプラットフォームを開始します。 このプロジェクトでは、ブロックチェーン技術を利用した、コミュニティによる管理のプラットフォームが使用され、コミュニティのメンバー自身が作るシナリオを通して、VR実験を作成し、配布する機能が提供されます。

2018年2月26日Pre-ITOが始まり、2018年3月11日まで、あるいは10000 ETHの獲得まで続きます。 参加者のためのボーナスは25%になります。

第2段階 - ITO - は2018年4月16日に始まり、5月31日に終了する予定です。ITOもまた、早期参加者にボーナスを提供します。

そして今、プレセールは開始され、誰でも参加可能です。 (詳しくはこちらをご覧ください
一般社団法人 日本仮想通貨総合研究所|Copyright © Japan Virtual Currency Research Institute ALL Right Reserved.